株式会社MCエバテック

MCエバテックは関西熱化学グル−プである、カーボンテック株式会社、ケイエヌエンタープライズ株式会社、株式会社ケイエヌラボアナリシスの3社の統合により2011年10月に発足いたしました。
私たちは関西熱化学から受け継いだ高度な炭素材開発技術、高品質な分析・精密洗浄技術、人々の生活に密着したライフサービスのノウハウを結集したプロフェッショナル集団です。
私たちはお客様にとって大切な「環境」「健康」「安全」の向上をサポートし、子孫の世代まで見据えた持続可能な社会の実現をめざして、新たなフィールドへ挑戦を続けます。

主な事業

長年培った炭素化学の知見や技術をもとに「活性炭」などの製品を開発・製造し、主に情報・環境分野の産業に供給しています。
高品質かつ安心な製品づくりを通じて社会と環境の維持・発展を支えています。

活性炭事業

活性炭は内部に微細な孔を無数に持つ炭素材料。1gあたりの表面積が1000m2以上にも達するため吸着能力、さまざまな物質を吸着する能力に優れ、浄水、脱臭、排ガス対策などで幅広く活躍しています。
当社では、長年蓄積した炭素化学の技術と経験を生かし、厳選された原料を用いて独自の活性炭「アマソーブ」を開発・製造。その品質は浄水場、下水処理施設など、さまざまな分野で高い評価を得ています。

アマソーブは「高い吸着能力」「硬い」「高純度」が特徴。
そのため機械強度に優れ、粉化しにくいため使いやすく、飲食関係など不純物を嫌う用途にも安心してご利用できます。

※アマソーブは株式会社MCエバテックの日本および/または各国での商標または登録商標です。

活性炭の再生事業

リサイクル可能な活性炭は環境対策製品のなかでも優等生的存在。
使用済み活性炭を再賦活することで吸着能力を回復(再生)させることができます。
当社はこれまで豊富な再生経験で培った技術ノウハウにより、最適条件での再生を行い高回収率(低コスト)下での確実な性能回復を実現しています。

高機能多孔質カーボン事業

次世代の蓄電装置として注目を集めている電気二重層キャパシタは、急速充電、メンテナンスフリー、高出力特性、環境負荷 の低さ等の数々の特長を備えることから、様々な分野に用途が広がり、近い将来の自動車用補助電源として注目されています。
当社は世界に先駆けてアルカリ賦活法による高機能多孔質カーボン「マックスソーブ」の量産化を実現。電気二重層キャパシタの電極材料として最適な高比表面積、細孔径分布を有するため、電気二重層キャパシタの高容量化、低抵抗化、優れた低温特性、長寿命化に貢献しています。
※マックスソーブは株式会社MCエバテックの日本および/または各国での商標または関西熱化学の登録商標です。

当社は創業以来、つねに高品質の製品を製造・供給するため、品質管理システムの高度化に努めてきました。

・1997年12月 ISO9002取得
・2003年 3月 OHSAS18001取得
・2003年12月 ISO9001取得
・2004年 3月 ISO14001取得

今後もより高いレベルでの製品の信頼性と安全性を追求し、より一層お客様にご満足頂けるよう努力して参ります。