リスク管理とは

リスク管理は2つの管理(マネジメント)から成り立っています。
一つは、実際に発生して欲しくないが発生する可能性のある危機(クライシス)に対し、発生する可能性をできるだけ低くするためのリスク管理(狭義)活動です。
もう一つは、もし、危機(クライシス)が発生したときには被害を最小限にとどめるように対策をとっておく危機管理活動です。
関西熱化学グループでは、この2つを合わせてリスク管理と呼びます。そのために関西熱化学の中にリスク管理委員会を設置し、管理しています。