基本理念

基本理念【人を財とし、自然を財とし、新たな価値を創造する】



人を財とし、

関西熱化学グループは、
関わる全ての「人」を財産として考え、行動します

自然を財とし、

関西熱化学グループは、
「自然」を財として考え、地球環境の保護、限りある資源の有効活用のため、行動します

新たな価値を創造する

関西熱化学グループは、
「人」「自然」の融合から、新たな価値創造へ向け、挑戦し続けます

安全第一主義【安全なくして経営なし】

この言葉は、「安全は経営の根幹であり、何事にも優先する」との考えを表したものです。この言葉に沿って、我々は「安全」の確保を、企業存立の必須要件として企業活動を行っています。
無事故・無災害の操業を続けることにより、従業員と地域社会の安全を確保する。そのことが社会から信頼される企業のあるべき姿だと考えています。

行動原理【変革への挑戦と価値の創造】

21世紀の経済・社会は、グローバル化、情報化等への大きなうねりに代表されるように、より激しくよりスピードを増して変化しています。
このような状況下で勝ち抜いていくためには、能動的な「変革意識を持った行動」が今まさに要求されています。
そこで私たち関西熱化学グループでは、グループ全体の行動原理を選定しました。
これは、待ちの姿勢ではなく、自ら迅速に諸課題に立ち向かう能動的な行動力と、固定観念にとらわれない、柔軟な発想により現事業のより高い価値の創造と新規事業の創造を図ることで利益を生み出し、コークス事業とグループ事業の収益力ある2本柱体制を確立することを目指したものです。
更に、価値の創造を通し、グループの存在意義を高め、社会に貢献することも目指しています。
このように、関西熱化学グループは変革に向け果敢に挑戦し、より高い価値を創造する意識を共有し、積極的に実践しています。